今日の「科学者ヘイト」などの言葉から考えたこと

・ヘイトでないとことを「ヘイトであると」述べることの問題として考えられること

 

1、ネトウヨの「日本人へのヘイト」という主張について加担してしまう可能性がある。

 

ヘイトの定義を人種差別撤廃条約や各国法に基づかず主張する場合、

「社会的構造による非対称性があるか」という重要な判断基準が揺らぐ可能性がある。

 

2、すでに認められている個人の人権救済の権利である、

名誉毀損として訴える」ということがあたかもできないと勘違いされる。

 

ヘイトスピーチは日本においては現行法での対処が困難と一般的に指摘される。

首相 ヘイトスピーチ解消へ啓発強化 NHKニュース

このニュースにおいても『公明党の国重衆議院議員は、ヘイトスピーチと呼ばれる民族差別的な言動について、「聞くに堪えないばり雑言を吐いて街を練り歩く街宣活動をしても、人種集団全体に向けられたものであれば現行法での対処は著しく困難だ。』と指摘している。

逆に、名誉毀損であると個人に向けられたもので訴えるということはすでに確立した権利である。誹謗中傷のようなものに対して、特に一個人に向けられたものであれば、名誉毀損で訴えることができる。

ヘイトスピーチのような困難性がない、非対称性のないものは、誹謗中傷であるとして、はっきりと指摘し、権利を行使する方がよいのではないだろうか

(またはそのように権利を行使するぞとはっきり宣言し抑止する)。

 

3 ヘイトスピーチによる被害が現状、人権救済されていない(されにくい)

  ことを覆い隠してしまう

 ヘイトでない誹謗中傷をヘイトと呼んでしまうと、そうしたものについて人権救済を名誉毀損により申し立てることが、あたかも、「ヘイトスピーチは現行法で対処可能」という論を後押ししてしまう可能性がある。一方でヘイトスピーチに当たるものを民事訴訟することで人種差別についての救済の判例を積み重ねることもできるのだが。

「京都朝鮮学校事件」での判決でいえば、裁判所の判断は「人種差別に該当する」と判断している。


【大阪高裁】在特会・京都朝鮮学校襲撃事件民事裁判控訴審の判決概要 - Togetterまとめ

しかし、この裁判の過程をかんがみるに、このように裁判について長く時間がかかるうえに、人種差別撤廃条約が適用されるかどうかというところに明確な法がない状態であり、民法との兼ね合いから調和するように適用が行われている。

この点において、名誉毀損による人権救済でヘイトスピーチによる被害が救済される社会、法体系、司法になっているかはいまだ発展途上であると言わざるをえない。

その状態で、名誉毀損において保障されている範囲をヘイトスピーチと呼ぶかについては慎重にならねばならず、この点において軽々しくヘイトの範囲というものを

根拠を示さず広げてはならないように思う。

下手をすれば「現行法ですべて対処が可能(実際には今までとなんら変わらない状況)」となってしまう可能性もある。

 

4ネットの匿名集団による誹謗中傷の問題は「ヘイト」だからではない可能性もある。

マジョリティ間での誹謗中傷について、時たま炎上と呼ばれる現象があって、

正当な批判が大量に押し寄せる(言論の自由の範囲内の批判がある一定の人物によせられる)こともあるが、中には誹謗中傷が大量に寄せられることもある。

最たるものはスマイリーキクチ氏の件だろう。

スマイリーキクチ - Wikipedia

スマイリー氏はずっと自身がかかわったことない全くの冤罪の話について、

ずっとその犯罪を犯したかのようにネットに誹謗中傷を書かれていた。

これらの問題は、まとめサイトや、2ch、TwitterなどのSNSの管理者が、

そのような誹謗中傷について削除するという判断をしかねてきたことなどに

起因する問題があり、また訴訟を起こすにしても、

匿名の人間についての開示請求についてもハードルなどがある。

このような構造の問題については、確かにヘイトと誹謗中傷は近しいものがあるが、

これは置かれた状況の問題であって、そのあとの法的な手続きの際には、

個人への誹謗中傷は確立された法による手続きがあるのに対して、

ヘイトスピーチは先に述べたように法が追い付いていないところがある。

この点だけでは一緒にしてはいけないのではないか。

 

最後に

片瀬久美子氏については、その誹謗中傷の被害については金明秀氏がTwitterで指摘したようにひどい中傷をされているものがあるし、その点は同情をいたしますが、それはやはり名誉毀損で訴えるべきであると考えますし、その点はヘイトという必要はなかったように思います。

誹謗中傷による人権侵害を受けたということについてはおっしゃる通りかもしれないかと思います。

一部私も誤った認識のもと批判を書いていた点があります。その点については謝ります。

しかし、やはり「科学者ヘイト」は現代日本では適切ではないと考えます。

 

以上