読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とにかく、毎日書いていこうと思うので。

会社で良くビジネス文書を書き間違える。また、簡略でなくて読みにくい。

 

あんまりにも間違えるので、これから毎日このブログで短文でもいいので書いていこうと思う。

 

ただ、つれづれなるままに、になっては「吉田猿猴」と同じになってしまうので、

 

静中工夫でなく、動中工夫となるようしていきたい所存です。

 

今日かける事はそんなにないが、疑問に思った事を一つだけ。

金福童(キムボクトン)さん(87)(元慰安婦

http://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-05-20_49450

への沖縄タイムスの取材の中で、

<金さんは14歳のころ、旧日本軍に「軍服を作るために日本へ行く」と日本統治下の韓国から連行された。アジア各地の前線を転々とし、8年間、「慰安婦」を強いられた。>

という部分がある。

これに対し

①「おいおい、太平洋戦争と数字が合わねえよ、1939年からだから、6年間じゃないとおかしい」

とか、

②「おいおい、87歳なら、14歳の時、1939年じゃねえか、やっぱり計算合わねえよ」

という意見を幾度かツイッターでお見かけした。

 

僕はこの金さんの話を聞いたことがないし、確かめる気力もないので、推察だけ記す。

ここからはあくまで※個人の感想です。

 

①「日中戦争は1937年からだから、その時に働き口探していて、騙されたなら、つじつまあわないかい?1937年には従軍慰安所はあったみたいだよ、これは公娼説、強制説をとろうが事実だよ」

②「2年違うんだよね?だったら、この14歳というのは数え年じゃないかな。韓国は数え年の国だよね?金さんは数え年じゃないかなあ。つまり満年齢12~13歳の年は1937年になるよね」

 

という二つの返答が思い浮かんだけど、お米が大好きな僕でも、「反日」とか、「きちんと裏をとったのか」とか、「とんかつにソースかけろ」と言われてしまいそうなのでこっそり言います。事実はわかりません。

 

②にかんしては87歳が、満年齢で、証言が数え年だったらという前提なんで、僕が好意的に解釈している節がある事を認めます。

 

ぶっちゃけ、金さんが「2年多く数えまちがえてました」なら僕は胸をなでおろします。

 

だって、この人が、どういう人であれ、やりたくなかった「仕事」を言っているより2年も早く辞める事ができたというわけですから。

 

この人がうそつきとは僕は思わないけど、そういった勘違いなら、僕は胸をなでおろします。

 

なんというか、僕、12歳か、14歳の子が、公娼であれ、強制であれ、戦地で従軍慰安婦をしなければならなかった、という事に対し、うそつきとだけ言うのは、片手落ちだと思います。

なんといえばいいか、わからないけど。