読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コップの水滴

コップに、ぴちゃり、ぴちゃりと一滴ずつ水を入れていく。

 

最初は中々たまらない。

 

そして飽きてくる。見るのも嫌になってくる。

 

しかし、時間がたてば、コップの中の水は半分になり、満杯になり、そして表面張力で震えだす。

 

今の反レイシズムは、当に、水の一滴一滴が震えだしたのだ。今まで、必死に水を一滴一滴注いだ方に敬意を表する。

 

あふれ出すまで、もう一滴。